りんくうビーチ


中部臨空都市の施設:りんくうビーチ

人工海浜としては東海地区最大級(長さ約630m)の大きさです。砂浜からは飛行機が間近に見え、家族連れで砂遊びをしたり、のんびり一人で本を読んでいる姿が見られます。また、伊勢湾の夕日を眺める絶好のデートスポットとしても有名。まるでオレンジを搾ったような、甘ずっぱい夕日を見ながら、今日のデートを締めくくりませんか?りんくうの日の入り時刻は今日のこよみ(国立天文台HP)へ。

<りんくうビーチに関する問合せ先>
常滑市役所HP(りんくうビーチ):http://www.city.tokoname.aichi.jp/ctg/30400110/30400110.html


バーベキュー利用
 (1) 基本事項
     ・有料期間は1区画1日1,200円(ゴミ処理費用を含む。)
     ・全88区画(インターネット予約優先区画49区画、当日利用優先区画39区画)
     ・利用時間 午前8時〜午後7時(現地受付は午前8時から午後4時30分)

 (2) 利用期間
     ・平成29年(2017年)の利用可能日は次のとおりです。
     @有料期間
     ・4月15日(土)〜7月9日(日)までの土日祝日
     ・7月15日(土)〜8月31日(木)までの毎日(夏休み期間中)
     ・9月2日(土)〜10月15日(日)までの土日祝日
     A無料期間
      上記期間を除いて通年(*ゴミ処理は各自責任を持ってお願いします。)

 (3) 利用方法
     ・当日利用優先区画(39区画)のご利用は、先着順となっています。
     ・ビーチ内にある受付で受付票に記入し、既定の料金をお支払いください。
      また、一部(49区画)はインターネットによる事前予約が可能です。
     ・電話での予約はお受けできません。(予約受付はご利用の2か月前からできます。)

     ※詳細はこちらをご覧ください。


りんくうビーチ駐車場
     基本事項
     ・1台あたりの料金は、1,000円/日(4月〜10月)、500円/日(11月〜3月)とする。
      ※30分以内は無料
      ※大型車両も同一金額だが、繁忙期(土・日・祝日、GW及び夏休み期間中の全日)
       は進入禁止とする。
     ・収容台数は普通車207台、大型車5台、バイク40台。(バイクは無料とする)
     ・利用時間は午前7時から午後10時まで。(夜間22:00〜7:00は施錠します)

りんくうビーチのトイレ
トイレも近くにあります。
りんくうビーチの駐車場
    


りんくうビーチ (南広場)

風車りんくうビーチ(南広場)に2基の風力発電機が設置されました。

 発電された電気は、海辺のプロムナード(遊歩道)に設置されている照明灯に利用されています。











中部臨空都市アクセスご案内

中部臨空都市:りんくうビーチアクセスマップ

デートに最適!夕陽のキレイなりんくうビーチ

夕陽りんくうビーチから眺める夕陽はとても素敵。夕陽をバックにアプローチする旅客機の姿が見られます。

夕日は、なぜ赤い?
日没に見える太陽は、昼間よりも太陽光線が大気中を通過する距離が長いため、波長の短い青色光は途中でどんどん散乱してしまい、赤色光だけが目に届くからです。
夕陽と飛行機